いつもお世話になっているNU boardのワークショップに参加してきました、

場所は荏原町駅徒歩1分の集会所 第2会議室

ファシリテーターは青山学院大学の履修証明プログラム ワークショップデザイナー育成講座で同級生だったショウゴさん。
主催は中小企業診断士のワークショップ研究会

▼自己紹介
 テーブルにある封筒を開ける。
 中に入っているカードを1つとって、そのお題で自己紹介。

メンバーは椎野さん、丹田さん、硯さんと自分。
 

■NUboardって何?
 欧文印刷の汲田さんから紹介。

 ▼NUboardの生みの親が三人
  三澤さん、石井さん、レイヤー構造のホワイトボードのアイデアを出した佐々木さん。

■NUboardについてグループ内で雑談。

■NUboard物語ワークショップ

▼コトバを探す
 ・イメージから探す
  →画像を見て、思いついたコトバを10個書く(90秒)
   その後、グループでシェア。

  1個目はおばけみたいなアクセサリー

2個目はコーヒー 
  3個目は豚の貯金箱
   
  次は4つ連続で。
  
  バス
  石
  シロクマ
  船?

  ※このなかから、10個いいコトバをポストイットに抜き出す

 ・思いでから探す
  「楽しかったイベント、感動した旅、嬉しかったプレゼント」を
   こころ・スケッチに書く。
   
  →グループ以外の人と三人グループを作って、シェア。
   を2セット

  それから、10個のコトバを書き出す。
  これも付箋に書き出してコトバウォールに張り出す

■○○○ × Nuboard = ???

 コトバウォールから6つ付箋を選んでくる。

■発想する。
 6つのカードから、5個のカードに発想を書く。

 →それをもとに、ペアで対話をして発想を膨らませる。
  を3セット

■アタマ・スケッチ
 対話を受けて、具体的なアイデアに落とし込む

 →みんなでウォークギャラリーで★を付ける。

 手につけるNUboadのアイデアで一番★をたくさん貰い、
 プレゼントとして新商品のNUboadをいただきました!

最後にプレゼント大会でワークショップは終了いたしました、
 ワークショップを企画してくれたショウゴさん、ありがとうございました。