5月21日(土)に横浜で開催された
「第7回 情報デザインフォーラム」に参加してきました。

元町の駅から会場に向かう、
途中でコンビニぐらいはあるかと思ったが、
駅から坂を上がるとセミナー会場で、
付近を探してもコンビニらしきものはまったくない。

会場付近は観光地になっていて、人がたくさん。

しょうがないので、
会場付近の自動販売機でコーラを買って受付へ。

受付で、セミナー参加費を準備できてないことに気付き、
上平先生にツケにしてもらうwww

受付にはなぜか元田さんがいて、ポラロイドで写真を撮られる。
「写真に名前を書いてから、そこにあるピンを選んで!」と言われるまま、
透明なピンを選んで会場の中へ。

ワークショップだからテーブルとかで、チーム分けされているかと思いきや、
イスは省かれていて、床にダンボールと模造紙などが準備されている。

6つに別れたダンボールの上に、硬めのボードが置いてあり、
ここに刺してあるピンの色のところが、自分の参加するチームになる仕掛けが…

とりあえず、
透明なピンの場所に、
自分の写真を貼る。

すでに学生さんらしき人と、社会人らしき人の写真が貼ってある。

ほどなく、お手伝いだった元田さんもやって来て、
偶然にも同じチーム。

■第一部:「災害から身を守り、情報を伝えあうためのデザイン」を考えるワークショップ[12:00-15:15]

女子3名、男子1名の状態でワークショップがスタート。

参加者がまだ集まらないとのことで、
ちょっと遅れて12時05分にスタート。
まずは木村さんから簡単な説明。

今回は学生がゼミ単位で来ていたため、
なぜか若い女子が多い。(男子は10名、女子20名ぐらい?)

木村さんからお題の説明が、
今回は災害時に「自分たちのチームで考えたことを他人にどう伝えるか?どうつなぐか?

ワークショップのテーマは、
ダンボールの裏に準備されていて、
僕たちのチームは「大津波」でした。(大津波と大地震の2テーマだったようです)

まずは個人で考えて、
10分ぐらいで、A4の紙へ書いていく。
それを30分で共有。

共有している最中に千葉工大の安藤先生が乱入して来たので、
安藤先生にも、テーマについて考えていることを喋っていただく。

4人で意見を言いながら、
2時間で意見をまとめる。

ほかのチームもディスカッションしながら、
作業を進めてます。

ポスターは、
「Don’t Think Fell」というテーマで作成しました。

「Don’t Think Fell」
 ・災害前の備え
  →知識の蓄積と、災害の伝承

 ・災害時
  →「考えない行動」
    今回の震災の経験を生かして、とにかく考えないで子供の素早さで逃げることを身につける
    (津波でんでんこ)

  →トップダウンのアナウンス
   今回の災害で、防災放送があったのにかかわらず逃げなかった人がいたので、
   通常出てこないような人(市長)がアナウンスすればいい。
 
 ・災害前と災害時を1000年伝承する。

————————————————

安藤先生からは、
2003年に韓国で起きた電車火災で、
「車内で煙が充満しているのに逃げない人たち」がいたと、
共有がありました。

参考「韓国地下鉄火災事件における「多数派同調バイアス」と「正常性バイアス」」

この事例のよると、
・経験したことのない出来事が突然身の回りに起きたとき、
 どうしていいかわからなくなり、他人の行動を観察しながら、
 同じ行動をとることで安全を確保しようとする心理
 →「多数派同調バイアス」(集団同調性バイアス)

・経験したことがない出来事が起きたとき、
 現実(リアル)を否定し、仮想ではないかと認識してしまう心理
 →「正常性バイアス」

というのがあり、
災害時の認知心理は特別なものがあり、
市長がアナウンスしただけだとちょっと無理かもしれませんね・・・

ワークショップを進めつつもモヤモヤしていたのが、

「情報は劣化する。」
「知らない場所に外から来た人はどう逃げるのか?」
「人間は慣れてしまう」
「面倒くさい!という心理」

のあたりでしょうか。

たしかに震災の教訓から学ぶのも大切なのですが、
震災があるたびに「阪神大地震の教訓は生かされなかった」とか、
「逃げなかった人がいた」と聞くと、
そんなに簡単なものでもないのかなという風に思いました。

発表

ポスターができあがったら、
各チームの代表が簡単に発表。

2チーム。

・目に見える形で被害を継承。
・津波が起きるとインフラがなくなるのでアナログ(声など)
 →歌。
・身体で繋ぐ(鬼ごっこなどの遊び)

3チーム

サバイブ 24hrs

 インフラは止まっている、
 ホームレスが先生。
 防災訓練をゲームに……

4チーム

いかに日常的にするか…
→リアリティと刷り込み
→共有(ここはまだ)

5チーム。

地域への愛着。
体感する。
伝えて行く場所を作る(祭り)
動画、映画、演劇をつくる。
体験者からの話。

6チーム。

震災があったときの指針があればいいのではないか?

各チームで発表が終了するころには、第二部に参加するメンバーも集まってきたので、ワークショップの後片付けをして、椅子を並べる。

講演

「わかるための表現と伝えるための表現」

原田 泰
(千葉工業大学・准教授/デザインコンパス代表)

第一部の講演では、
「情報を伝えあう」というテーマで、
今回のワークショップのアウトプットを関連づけて、
講演していただきました。

原田先生のプレゼン資料は、
「手書き!!」
さすがインフォメーショングラフィックスの先生

■自分がわかるために表現、誰かに伝えるための表現
 →理解のプロセス
  データ→情報→知識→知恵  
  ※理解には表現を伴う。

  素材 → 構造 → 表示
    視覚化  組織化
    ↓     ↓
  わかるため  伝えるため

  ※今回のワークショップだと、「机の下に隠れろ!」だけでなく、
    結論にいたる過程の理解が必要。
 
■原田先生が一人でワークショップをやってみた。
 →原発のことを整理
  爆発したのに、それ以降の動きが付箋で読み取れない。

■デザインの例
 ・事故回避ツール
  →病院での子供の事故を回避するためのツール
   A4は大人用、A3は子供用
   ※経験的に知識を獲得するツール。
   
 ・博物館でのiPad利用の説明ツール
  
 ・リアルタイムドキュメンテーション
  →ワークショップのストーリーボーディングみたいなもの。
 
■まとめ
 ・図の活用

 ・ワークショップのふりかえり
   アイデアがどの属性にあたるかをかんがえる必要がある。
   伝えるということは100%の理解が必要。

■宣伝
 図解力アップドリル
 http://www.amazon.co.jp/dp/4862670903

「スマートグラフィックス」
—美と知とたのしいを併せ持つデザイン—

中川 憲造
(NDCグラフィックス代表)

講演の後半は、NDCグラフィックスの代表で、
横浜のベイシティマップを作ったり、
横浜を活性化するデザインを行っている、中川憲造さんの講演でした。

■中川さんのキャリア
  中学生のときには、毎週学級新聞をつくっていた。
  (デザインの最初はジャーナリスト的な取り組みだった。)

■デザインの起源
 →ラスコーの洞窟
  原初のインフォメーショングラフィックスでは。
  伝承する役割で、共同体をどうやって伝えるか。

  ※TAKEO DESK DIARY
  ※一目でわかるシンボルデザイン
 
■いい地図を持っている都市。
 →都市の民度を表している。
  (良いデザイナー、印刷会社、出版社)
 
 ※横浜のガイドから、「坂があるので、地図に表現してほしいといわれた。」
  →地図に適用した。

■インフォメーショングラフィックスの始まり
 →1963年のロンドン地図(ベック)
  それまでの地図は駅と駅を距離で表していた。
  最初は採用されなかった。
  (大事なのは駅と駅の距離間ではない。)

■日本のピクトグラムの始まり
  日本で行われた、世界デザイン会議の世界地図帳
  1960年代は日本のデザインの始まりでは???
 
■原発のはなし
 →事故のあと、情報がない!!という声があがったが、
  情報がないのではなく、情報を理解する仕組み(デザイン)がないのではないか
 
 →事故のあと、原発の詳細設計図と、原発の安全性をアピールする漫画が
   ニュースで移されていた。専門家だとわかるなようだが、
   誰に伝えるのかを考えてデザインが必要だったのではないか?

 →翻訳されたデザインが必要
  テレビのピクトグラムは、文字だけでは寂しいからという理由で、
  よけいな色や図解をつけることが多い。(多くの人が誤解した)

 →専門家の言葉が普通に茶の間に飛び込んでくる。
  専門用語そのまま。余計なものが多すぎるピクトグラム

■標準案内記号
 横浜スタジアムのショップのトイレのサインを見て、
 福田さんが推薦してくれた。
  →普通のデザインだけでなく、楽しいデザインができるひとだ。

■犬のフンの看板
 →「犬にフンをさせないでください」という横断幕は、
   逆にデザインを破壊してしまう。
   だから楽しいピクトグラムをデザインした。

第三部: パネルセッション

講演の後は、パネルセッションと懇親会を兼ね、
会場で飲食をしながら、ワークショップの内容を発表したり、交流を図ったりしました。

二次会

パネルセッション終了後に有志で、
場所を変えて二次会

18:30ごろから、
ワゴンタクシーで、
25名の大移動

韓国料理屋の「とんがらし」にて二次会スタート

めずらしくテーブルにまったく知り合いがいなかったので、
いろいろとコミニュケーションできました

盛り上がっております。

なぞのポーズをとる子

後ろには大御所のみなさまが。

頭と身体を使った濃密な一日でしたが、
非常に楽しむことができました、
参加した皆様、ありがとうございました。

関連リンク

■Twitter ハッシュタグ
 #infodf

■情報デザイン研究室
 第7回情報デザインフォーラムin横浜山手 報告