■2019年 Going Going WACK TOUR 女川編 2019年02月12日(火)

運よく宮城県女川で行われるGoing Going WACK TOURのチケット
(それも1列目)
が手に入ったので、女川に向かいつつ、
温泉も満喫するという旅を企画しました。

http://onagawadays.jp/onagawack

企画としては1日目がライブDAY、
2日目が遊びDAYということで、
女川を盛り上げようということでしたが、
2日目の遊びDAYのチケットが全滅だっため、
2日目は普通に女川に観光に行くことになりました・・・

今まで駐輪場を借りてなかったため、
一時駐輪があいている早朝に出発しなければならなかったが
運良く駐輪場を借りれたので、早朝出発からは解放。

南流山駅 09:02発のつくばエクスプレスで北千住まで。

ちょっと早すぎたので、
北千住駅構内を散策

吉野家あるし、てんやもあるし、
おにぎり屋さんも回転すしもある

とりあえず軽めなものをと、
「KINOKUNIYA」でミニカツサンドとスモークチーズを購入。

特急駅乗り場はちょっとした駅のはずれにありました。

特急乗り場にも売店があると聞いていたけど、
それらしいものはなく、
スナック類を売っている自販機のみでした。
(ミックスナッツを買いました)

30分まって、
やっとスペーシア特急きぬ号が入線。

北千住 10:12発
東武特急きぬ115号 2号車 16D席

特急券購入出来てたと思ったらチケットの日付を間違えてて、
朝の6時にコンビニで入金するなど、
行く前からバタバタしてしまいました。

無事に乗車して、
さっそくアサヒの生ビール(500円)を買いに行く。

聞くところによると、
アサヒビールの工場から直送された、
出来立てのビールタンクが、
東武鉄道の「特急スペーシア」に積まれて、
その新鮮な生ビールは、
普通のお店では飲めない美味しさということです。

たしかに美味しかった

しかしながら
残念ながら特急きぬには電源がありませんでした。

シートピッチは普通、
足は伸ばせません。

定刻2分遅れの12:02に、
鬼怒川温泉駅に到着。

お昼ご飯の選択肢がすくなく、
食べログで探した、
れすとらん八家で済ますことに・・・ 

日光まいたけ天丼セット 1450円
付いてたお蕎麦の味がイマイチ。

駅のすぐ前だからわかりやすい場所でした。

1階はバウムクーヘン工房 はちや、
見物しただけで何も買わず…

とりあえず鬼怒川公園駅目指して北上する。

★廃墟めぐり
ドローンで撮影された鬼怒川廃墟群を見て、 自分も行きたくなりました

線路沿いをひたすら北上

藤原町庁舎も廃墟(合併のため)

となりの消防署も廃墟。

日光市に合併されたため、
藤原町が消滅したんですね

廃墟群は思ってたよりなかった…

景色は絶景

1駅往復していい運動になりました。

鬼怒川温泉駅に帰ってくると、
ちょうどSL大樹号が折り返し回転するところでした。

14:15にホテルニューおおるりにチェックイン
711号室。

和室の小綺麗な部屋でした。
(すでに布団が敷いてある)

14:30からさっそく大浴場へ、
先客がいましたが、すぐに貸し切り状態になりました。

wi-fiはフロント付近だけとのことでしたが、
なんとか部屋まで届いてましたが、
途中で繋がらなくなりました、
やはりwi-fi大事だなー

夕食は17:30から大食堂でバイキングで、
飲み放題付きでした。

7500円で飲み放題付きで2食温泉宿となると、
細かいことは言えなくなりますが、
話には聞いていたものの
あまりにもメニューのバランスが悪くて…
非常にツラい夕食でした…
(タコ焼きとか焼きそばってスナックだろ)

パサパサのローストビーフ、
冷めたハンバーグ、

もう帰りたくなりました。

あとは、部屋がエレベーターの側で、
声が聞こえてくるのはちょっと嫌でしたね。

たぶんもう来ることはないかなー、
って感じです。

20:00から貸し切り露天風呂。

お風呂だけは良かったです、
肌がツルツルになりました。

※カップラーメン、つまみ類は充実してた、
最悪乗り切れる。

この日は20:30ごろから飲みはじめて、
22:00に就寝しました。