名古屋セミナーの二日目、
セミナー会場はホテルから徒歩15分なので、
のんびりと出発。

11:02セミナースタート
最初はデンソークリエイトの案内
床が鉄板です。

■自己紹介
■会社紹介
■ねらい
■UXデザインについて概略
■新規事業企画でのUXデザインについて
■顧客開発
 スティーブン・G・プランク
■リーンスタートアップの学習サイクル
 ビルド・メジャー・ラーン
 HCDサイクルとマッチする
■ユーザー体験を見る3つの視座
 ・鳥の目、虫の目、魚の目

■仮設管理
 ジャベリンボード

■ワークショップ
 テーマ「大人/社会人の学び」
 クジを引いて、Dチームになりました。

お昼ごはんは鯱市で加藤さんと小江さんと一緒にカレーうどん。

チームは、
藤原さん(SONY)
粟屋さん
野末さん

の4人

▼ワークショップ1
 ・目的・ビジョンを描く
 ・初期仮設 顧客、課題、解決策。を描く
 ・実験作りのための問い
   7つの問い
 ※トートロジーに気をつける
(トートロジーとは「同じ意味」「繰り返し」ということらしい)

・インタビュースクリプトを作成

 インタビュー実施2セット

僕たちのチームは社会人の学びということで、
 隙間時間を使ったオンラインのセミナー的なものを考えました。

 ・一人目は2年生にして既に就職を決め、バリバリに勉強している学生さん。
 ・二人目はUXに興味を持っているデザイナーさん

→これ、インタビューの計画作りに使えますね。
 →https://devtab.jp/entry/internal/72  

▼ワークショップ2
 ストーリーマッピングを書いてみよう

 →みんチャれとドラクエを合わせたようなサービスで、
  「スタクエ」とアプリ名を考えました。

講評
 ゲーム化するのは2重のコンテキストが発生してしまっている。
 「時間がない」の解決方法ができていない。

まとめ
・インタビューの時点でペーパープロトタイプを見せるなどしないと、
 無理がある。

・作ったアウトプットは全部持って来てくれた方がいい。

・何回ジャベリンボード書く?
 実務では仮設キャンバスをメインにする。インタビュー大変なので、
 仮設を高めることの方を優先する。

・インタビューできない環境の場合はどうしてますか。
 →顧客に会えないのはなんでだろう。を考えた方がいい。

・インタビューしててターゲットとずれていると感じた場合は?
 →お金かかっているので最後までやります。

・オススメの本
 UXデザインの本
 カスタマーデベロップメント
 ユーザーインタビューの教科書。
 考具  

■考察
 かなり難解なワークショップでしたー、
 1回じゃ理解できない。
 機会があったらまた参加しよう。  

懇親会

懇親会は大人の山ちゃんにて。

■帰宅

 朝起きるのがかなりつらくなってきました、
 3度寝しそうになりながらなんとか起きて、
 ホテルを出発。

 新幹線のホームについたのが2分前と、
 かなりギリギリでした。

 新幹線はコンセントのある席を取ったのに、
 隣の女に独占されているという…

 帰りは静岡によってさわやかに寄りました。

天気も良く、富士山が綺麗に見えました。