3月31日に行われた「XB法をワイワイ振り返り」に参加してきました。

XB法(クロスビー法)は「株式会社 U’eyes Design」さんが開発した、
アイデア発想法です。

ことの発端は、
産業技術大学院大学で行われている「履修証明プログラム 人間中心設計」の、
2011年度生のメンバーが、
「授業を欠席したり、復習のためにXB法のワークショップを自分達でやろう!」とのことで、
ついでに? 2010年度のメンバーも参加させていただきました。

・XB法については詳細はこちら
 http://www.ueyesdesign.co.jp/service/service_xb.html

私は、コミュニティや授業でXB法を体験していることもあり、
今回は、様子を観察してみたかったので、
見学させてもらいました。

▼XB法を使ったワークショップ例:
 ・hcdvalueでのワークショップ
  http://www.hokorin.com/2011/04/20110423.html

 ・産業技術大学院大学での授業
  http://hcdprogram.wordpress.com/2010/10/23/1-7/

 ・hcd-netでのワークショップ
  http://www.hokorin.com/2012/01/20111213.html

ワークショップ

 ワークショップの進行は、
 2011年度のメンバーがファシリテーションを行いました、
 自分たちで学ぶだけでなく、アウトプットも出来るのが、
 このメンバー達のすごいところ。

 休憩時間にはバーカウンターを使って、
 紅茶のサービス。

プレゼン

とりあえずなんとかまとめて発表。

XB法の開発者である三澤さんも今日は参加者側。

単にアイデアを発表するだけでなくて、
どうにかビジネスに行かせるように、
試行錯誤しているチームもいるようでした。

雑感

 今回はXB法を体験するという目的のワークショップだったので、
 このまま実ビジネスに適応出来るかというと、
 それはまた別の話ですね、
 
 XB法の前にユーザー調査をするとか、
 XB法の後にビジネスモデルキャンバスを作成するとか、
 「アイデアの種」をどうやってビジネスレベルまで落とし込むか、
 HCDのワークショップのやり方を考える必要があるかもしれませんね。

 最後にゲストで参加したI氏からコメントがあったのですが、
 グルメ系サイトでアクセスが一番多いのは食べログで、
 利益が多いのはぐるなびという話があって、
 必ずしもユーザーに良いサイトを作れば良いわけでもないのかと・・・

 参考資料:
  ・JSPレポート
   http://www.js-pa.co.jp/report/pdf/002.pdf

  ・「ぐるなび」と「食べログ」のビジネスについてのメモ
   http://www.tez.com/blog/archives/001481.html
 

懇親会

懇親会は四ッ谷の南国亭にて。

参加者のブログ

 chachakiさん:http://d.hatena.ne.jp/cha-cha-ki/20120331/waiwaiXB
 
 榎本さん:ENMT.INFO http://enmt.info/archives/592