2017年6月03日 UX白書カンファレンス @高円寺ヴァル研究所

久しぶりにhcdvalueとしての活動として、
UX白書カンファレンスというものを開催しました、

UX白書はUXの定義を定めるべく世界各地から30名の研究者を集めて、
ドイツで行われたセミナーのまとめとなります。
(日本からはUXの第一人者である黒須正明さんが参加されております。)

それを有志で翻訳したものがUX白書の日本語版となりますが、
翻訳からすでに6年経っているので、改めて見直してみるというのがイベントの趣旨となります。

UX白書の今

 これは我らが千葉工業大学の安藤昌也教授にお話いただきました、
 非常にわかりやすくUX白書の内容をお話しただきました、
 今更ですが、すごくわかりやすかったです。

 →安藤先生のブログ
  http://andoken.blogspot.jp/2017/06/ux.html
  http://andoken.blogspot.jp/2017/06/ux_3.html

今回はグラフィックレコーディングも行いました、
お手伝いいただいたそうとめさん、原田さん、ありがとうございました。

安藤先生のお話の後は、
普段UXを実践されている方々のお話がありましたが、
自分は準備があったため聞けませんでした、残念。

・密谷さん「UX白書で好きなことを分析してみよう」
・福津さん「コンテンツとシステムの相互UXについて考える」
・渡辺さん「UX実践者として読むUX白書」
・フジタさん「部屋と累積的UXと私」
・山岸さん「UX白書とワークショップデザイン」
・青木さん「UX white paper & beyond」

■懇親会
 今回はビアバッシュ形式での懇親会としましたが、
 以外と多くの方にご参加いただきました。
 (最初に自己紹介ワークやっておいて正解でしたね。)

■同窓会?
 久しぶりにhcdvalueのメンバーが集まったので、
 同窓会的なノリで「目利きの銀次」で2次会をしました。

■Togetterまとめ
 https://togetter.com/li/1116694

■感想
 ・イベントの準備は大変(自分は何もしてないけど)
 ・ドタキャン率が高い(これは事前決済とかで対応するしかないですね)
 ・イベントのチェックインワークは大事(普通ないですよねー)